C2+EXECUTE FOR 勘定奉行V ERP

FrontPage

新発表!!

建設業向け、基幹システム「C2+EXECUTE」を新たに開発しご提供いたします。

 日本電通株式会社は、中小建設業・中堅建設業向けに30年にわたりシステムを開発提供してまいりました。長きにわたり蓄積したノウハウを持って、お客様に安心で快適なシステム提供をお約束いたします。

全体図1

 会社法改正、建設業法、ISO9000、日本版JSOX、工事進行基準、時価会計、連結決算、JV会計、資産除去会計、そして、国際会計基準IFRSと様々に会計業務に関わる変化し、複雑な処理が増え、会社経理業務への負担は増えております。
 しかしながら、建設業界を取り巻く経営環境は厳しさを増し、管理部門の人材確保は非常に困難な状況となっております。そのような状況下で、建設業会計・工事原価基幹システムに求められるシステム要求は年々高度な物となってきております。
これまで蓄積したシステムノウハウを集大成し、ご提供するのが、「C2+EXECUTE」です。

 今回「C2+EXECUTE」の開発に当たり、一般会計システムは外部のベンダーの製品を採用いたしました。最新且つ高機能の一般会計ソフトをご利用頂きたいとの思いがあり、株式会社オービックビジネスコンサルタント様(OBC)の協力により「勘定奉行V ERP」向けに最適化いたしております。



「C2+EXECUTE」と「勘定奉行V ERP」の組み合わせは、建設業向けERPとして、建設業会計を実践し、日本の建設業の基幹系業務システムに求められる重要な業務をご支援出来ると確信しております。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional